高麗人参についての基礎知識

高麗人参でホルモンバランスを整える

ホルモンバランスとは?

ホルモンバランスという言葉を聞いたことはあるかと思います。ですが、具体的に何のホルモンのバランスなのかということまではご存じない方が多いと思います。

男性と女性でそれぞれ体内の働きを調整している化学物質であるホルモンは異なります。男性なら主として、テストステロン、アンドロステネジオン、デヒドロエピアンドロステロンの3種類があります。これらは総称してアンドロゲンと呼びます。女性なら、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。どちらも男性らしさ・女性らしさを形作るのにも一役買っているため、男性ホルモン・女性ホルモンと呼ばれることもあります。

男性ならアンドロゲンの、女性ならエストロゲンとプロゲステロンの、それぞれのバランスを取ることで健康を保つことが出来るのです。

よく「ホルモンを多量に摂取することで健康・美容に良い影響を与えられる」というような言葉を目にするかと思いますが、それは必ずしも合っているとは限りません。

ホルモンはたくさんあればいいというのではなく、あくまでバランスが取れていることが重要です。病気でもないのに外部からホルモンを摂取してしまうと、体内で作られるはずだったホルモンがその分抑制されてしまい、結果としてバランスが乱れてしまうこともあるのです。

とはいえ、ホルモンバランスは些細なことでも崩れることが多いため、補助的にそういった食品やサプリなどを摂取することでホルモンバランスが乱れるのを防ぐこともできるため、必要な時に必要なだけ摂取するのが重要です。

ホルモンバランスが崩れる原因としては微妙な環境の変化が挙げられます。具体的に言うと、睡眠不足や食生活の乱れや運動不足などの不摂生、ストレスなどが原因です。
もちろん、加齢によってもホルモンの量は減少していきます。

ホルモンバランスが崩れることで起こる症状について

では、実際にホルモンバランスが崩れた場合どんな症状が起こるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

男性の場合

まず、男性の場合では、男性更年期障害、メタボリックシンドローム、うつ病、心筋梗塞・脳梗塞などがあります。

男性更年期障害とは、身体的にも精神的にも不調がさまざま表れてくること全般を指していいます。例えば、日々疲れやすくなったり、感情のコントロールが効かなくなったり、急に汗をかいたり、めまい・頭痛などがあったり、記憶力や集中力の低下といった症状があります。

女性に多いといわれる更年期障害ですが、男性にないわけではないのです。多くは中高年くらいからホルモンバランスを崩し、中には30代後半から発症する人もいるくらいです。しかし認知度が低いことから自分が更年期障害だと気づかない方も多いようです。

他にも、男性ホルモンの低下によって基礎代謝が落ち、高血圧や内臓脂肪の増加が引き起こされることもあり、最終的にそれが心筋梗塞や脳梗塞に繋がることもあります。
健康診断を受けた時に問題がなさそうに見えても、数年後に発症するケースもあるため油断できません。

また、男性更年期障害においてはうつ病とよく似た症状が起きることもあり、うつ病だと思っていたら更年期障害だったというパターンもあります。安易にうつ病だと判断してしまうと病院を転々とすることにも繋がりかねないため、決めつけず一度医師に相談してみましょう。

女性の場合

女性の場合は、自律神経失調症や生理不順、様々な生活習慣病や更年期障害といった症状などがあります。

女性は男性に比べてホルモンバランスを崩しやすいです。特に思春期・更年期に崩しやすいと言われています。一度バランスが崩れた時、ホルモンの分泌をつかさどっている箇所からホルモンをもっと出そうと指令を出しますが、出せない状態であった場合暴走を始め、結果として血流や心拍、発汗などを調節している自律神経のバランスや免疫系のバランス、感情面などに作用して機能が低下してしまいます。
更年期障害とよく似た症状ではありますが別物ですので注意してください。

生理不順に関しては周期の変化、出血量の変化、PMS(月経前症候群)の悪化などがあげられます。これらの症状を放っておくと、不妊や婦人系の病気に発展する可能性もあるので、異常があったら放ったらかしにするのはやめましょう。

生活習慣病に関しては、代表例としてメタボリックシンドロームが挙げられます。内臓脂肪が溜まりやすくなっているのに、食欲を増すホルモンが増える一方になってしまうことや、基礎代謝が落ちるため脂肪が燃えにくくなることから引き起こされます。

更年期障害は、突然体がほてったり、頭痛や倦怠感があったり、動機やめまいなどを引き起こします。精神面にも作用し、感情が不安定になってイライラしやすくなったりします。何かおかしいと思ったら更年期障害を疑ってみたほうが良いかもしれません。

ホルモンバランスを整えるのに効果的な高麗人参の成分とその効果

ここまでホルモンバランスを崩した場合に起きる症状についてご紹介してきました。

医者に行ってみてもらうのが一番ですが、もっと手軽に、医者にかかる前に自分で何とかする方法というのもあります。

その一つが、高麗人参の摂取です。

高麗人参に含まれている代表的な成分としてサポニンがあります。

このサポニンには肥満予防効果、コレステロール値を低下させる効果、血流改善効果、免疫力の強化や鎮痛・精神安定の作用などが期待できます。

高麗人参に含まれるサポニンがホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされている症状へどのような効果をもたらしてくれるのか詳しくみていきましょう。

肥満予防効果

まずは肥満予防効果です。
脂肪が蓄積するのを防ぎ、吸収した糖と結びつくのを防ぐ効果を言います。内臓脂肪を減らす効果もあるため、ホルモンバランスが乱れて蓄積してしまった内臓脂肪も減らすことが出来ます。メタボリックシンドロームに効果的といえるでしょう。

コレステロール値の低下

コレステロール値の低下は、悪玉コレステロールを減らし、排出させることが出来る効果です。血液をサラサラにすることにも繋がるため、生活習慣病の悪化によって引き起こされる動脈硬化などの改善にも繋がります。

血流改善効果

血流改善の効果は、コレステロール値の低下と同じく血流をスムーズにします。血栓も出来にくくし、体中の毛細血管の巡りもなめらかにしてくれます。動脈硬化だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞も防ぐことが出来ること、また血流を良くすることで体中の隅々に栄養素が行き渡るようになり、体温の適切な調整にもつながるのでほてりや急な発汗というのも抑えられるでしょう。

免疫力強化

免疫力の強化は、副腎皮質ホルモンと呼ばれる、副腎から分泌されているホルモンの分泌を促進するものです。ただし、副腎にでなくホルモンの分泌をつかさどる脳下垂体に作用するので、分泌促進というよりは調節する力を高めるといった方が正しいです。副腎皮質ホルモンは花粉症やアトピーなど、免疫機能の過剰反応によって起きてしまうアレルギーや疾患の改善に役立ちます。免疫系の改善に役立つので、自律神経失調症の症状を和らげることが出来るでしょう。

鎮痛・精神安定作用

鎮痛や精神安定の作用によって、更年期障害が引き起こす頭痛・肩こり・イライラ・不眠などの細かい数々の症状の緩和を図ることも出来ます。

まとめ

ホルモンバランスの乱れと、その改善策としての高麗人参についてご紹介いたしました。ストレスの多い現代社会ではありますが、いざ体調不良が起きてもなかなか忙しく医者に行くことも出来ないという人もいるでしょう。少しくらいと放っておくと、後々重大な病気につながってしまうこともありえます。
そうならないように、今のうちから高麗人参を摂取することで健康の維持を図り、毎日元気に過ごせるようにしていきましょう。

ページのトップへ戻る